漁師の仕事はプライドが大事!


【小鳩退場】「郵政法案」廃案も 国会窮屈(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣表明により2日、国会審議がすべてストップした。16日の会期末を控え、首相指名選挙や新首相の所信表明演説などのため法案審議はきわめて窮屈になる。郵政改革法案などの重要法案は廃案の危機にあるが、与党は連立維持や選挙対策の観点から衆院に続いて強行突破する可能性を探っている。

 首相指名選挙などのため、土、日曜を除くと、法案審議に使える日数は残り5日もないとみられる。民主党の平田健二参院国対委員長は2日の記者会見で「時間的余裕がなくなったので(成立させる)法案を絞り込まなければならない」と述べた。

 郵政改革法案は、参院で審議にも入っていない段階にあり、成立が危ぶまれている。今国会で成立しないと、参院選の実施に伴って廃案となる。

 国民新党の亀井静香代表(郵政改革・金融相)は2日の同党の集会で同法案の成立を強く訴えた。審議を短時間で終えて採決を強行すれば成立は可能だが、世論の批判は避けられない。逆に、成立しなければ、国民新党を支持する郵政関係票が目減りしかねず、民主、国民新両党の連立に亀裂が入る。どちらをとるか、民主党は厳しい判断を迫られている。

 社民党が成立を求めていた労働者派遣法改正案は、衆院で審議中。与党内では採決しないまま衆院で継続審議にする声が出ている。

【関連記事】
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…

墓参りで「マイリ」ポイント…法事の支払いも(読売新聞)
電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)
口蹄疫 特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
首相、罷免辞さず=福島氏は署名拒否強調―政府対処方針、午後決定・普天間(時事通信)
寝たきり患者の肋骨折る 元看護師、初公判で認める(産経新聞)
[PR]
by h6vaadbj6d | 2010-06-07 12:14

<< 志位共産委員長「菅首相は中身は...      交通事故 保育園のワゴン車が衝... >>

漁師人生、いつかは報われるさ!
by h6vaadbj6d
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧